ゲーム

【theHUNTER: CotW】ドイツの森で狙い撃つぜ!

空気感がとてもいいなぁ

STEAMのグループ「ゲーミングチャイルド」で今度の土曜日に開催される「theHunter: Call of the Wild™」でのマルチプレイに向けて、チュートリアルを兼ねたミッションを一通り遊んでみました。

訪れた狩り場はWikiを参考にドイツの森。スタートしてから散歩していると空気感のグラフィックに惹かれましたし、ヘッドフォンでプレイしていたのでより臨場感がありました。

少し歩くと遠くに鹿さんを発見。ライフルで覗いてみたらさっさと逃げてしまいましたが、鹿さんがいた場所まで来ると足跡を見つけました。

このゲームでの流れは

  1. 獲物を見つける
  2. 獲物が残した痕跡(足跡や糞など)を見つけて追跡
  3. 少しずつ距離を詰めて手持ちの武器で仕留める

と至ってシンプル。銃を持っているとはいえ、バンバンと動物を手当たり次第に撃ち殺すのではなく、狩りのゲームなのでプレイ時間の大半は移動に費やし、射撃はほんの一部の要素でしかありません。

さっき見つけた鹿さんを追いかけてみる

鹿さんの足跡や糞などを見つけて追いかけています。初めての追跡だったので普通に歩いて痕跡を辿っていましたが、歩いても歩いてもなかなか追いつけず。何でだろ〜と思っていましたが、恐らく鹿さんは僕の存在を感づいているのか危険を察知していたから、なかなか間合いが詰まらなかったんじゃないかと。

それでもなんとか追いついて鹿さんを仕留められそうたポジションに付き、スコープで狙いを定めて…

バーン!と引き金を引くとライフルが火を吹きました。スコープで見ても鹿さんの姿は見えず当たったのかどうかも分からない。鹿さんがいた辺りに行ってみたけど姿は無く分からず仕舞い。でも少し辺りを観察すると新しい痕跡が…

当たったのは間違いないようです

鹿さんが居た辺りを見回すと血痕を見つけました。状況から察するに先ほど僕が撃った鹿さんのものと思われるので、撃った弾は一応当たったようでした。

血痕を辿りながら歩いて行くと息絶えた鹿さんを発見。獲物を調べてみると今回の狩りの結果を確認する事が出来ました。仕留めたのは雌のROE DEER(ノロジカ)。銃弾1発で仕留めたものの被弾したのが肉のみで、失血で息絶えるまでに時間がかかった事から評価はかなり低いものとなりました。初めての狩りは残念な結果でしたが、とりあえず最初のミッション「THE FIRST STEP」はクリアしました。

次のミッションは狩り場にある展望台を訪れることでした。これはマップで場所を確認し、建物の最上階に向かえばクリアとなりました。

2度目の狩りは少し上手くできた

展望台へ向かうミッションをクリアすると、次のミッション「STOCKING UP」が始まりました。これは狩り場に点在するアウトポストに訪れるもので、一度立ち寄れば、ファストトラベルが利用できたり、時間を早回しして夜間をスキップしたり、お金で物を買ったりと様々なサービスを受けることが出来ます。

目的地のアウトポストへ向かっても良かったのですが、道中で新しい鹿さんの痕跡を発見したので、少し寄り道をしてみることにしました。前回の失敗を活かし静かに近づいて、間合いを詰めていくと水場に居る鹿さんを見つけました。

前回より半分以上も間合いを詰め、狙いを定めて獲物を撃つと鹿さんはその場に崩れ落ちました。着弾と同時に息の根を止められたので、前回よりは良い評価がもらえそうです。

今回仕留めた獲物は、雌のFALLOW DEER(ダマジカ)。前回と比較すると着弾と同時に仕留められたのでボーナスは高く、被弾箇所も頭蓋骨など幾つもの部位に当たっていたようです。仕留めたことで得られたお金も前回の倍と上々の結果でした。

2頭の鹿さんを仕留めた後、目的地のアウトポストを訪れて3つ目のミッション「STOCKING UP」をクリアしました。これでマルチプレイに向けた最低限の準備は出来ました。

狩りをテーマとしたゲームは初めてでしたが、ターゲットが鹿さんということでゆっくりとした時間の中で楽しめました。現実でこのような狩りをしたいとは思いませんが、ゲームなら長いこと出来そうな気がします。週末のマルチプレイが楽しみだ!

ABOUT ME
TOSAMAKI
初めて遊んだPCゲームが「GTA London」という30代半ばのおっさんです。一人暮らしの頃の休日は、ゲームを始めちゃうとご飯も食べずに遊んじゃう駄目人間でした。今でもさほど変わらない状況なのに、嫁さんに怒られることなく今に至っております。
こちらの記事もおススメ