GTAO車名鑑

【GTAO車名鑑】ガントレットヘルファイア / Gauntlet Hellfire

ガントレット ヘルファイア

車の価値とは,ある地点から別の地点へと移動することではないのでしょうか?しかし、その移動距離がクォーターマイルでもなく,その道のりが平坦で直線ではなかったとしたら?ブラヴァド社がこの疑問に出した答えは、「ヘルファイア」です。きちんと扱ってやれば、他の四輪駆動車など焼き尽くしてしまうでしょう。おかしな見た目のハンドルが少しでも動いた瞬間、あなたは死んだも同然です。


“南SAスーパーオートの解説より”

ブラヴァドがまたやってくれました。今度のアクマのような「ガントレット ヘルファイア」には,きっと誰もが驚かされるはずです。このビーストマシンが持つパワーを操り、競争相手に新たな地獄を見せてあげましょう。マッスルカーよりパワフルなものは何か?それはおそらく、炎をまとうマッスルカーです。


“ロード画面より”

車輌データ

車名ガントレット ヘルファイア
(Gauntlet Hellfire)
メーカーブラヴァド(Bravado)
乗車定員2名
車輌分類マッスルカー
駆動方式RWD(FR)
最高速度155km/h(96mph)
実走テスト3:30.439(1:08.956)
販売価格$745,000
  • オリジナルのテストトラックを3周(1周2.03km)した合計タイム。カッコ内はベストタイム。
  • 天候は晴れ、時間帯は朝、交通量などの不確定要素は全てオフ。
  • 非カスタムのレンタカーを使用。

概要

GTA5の誕生から共に歩んできたガントレットの後継車となるのが、このガントレット ヘルファイアです。『ダイヤモンドカジノ&リゾート』のアップデートで追加され、2019年9月5日に南SAスーパーオートで販売が開始されました。

車名の由来は、この車のモデルとなった車両にダッジチャレンジャーのSRTデーモン(悪魔)やSRTヘルキャット(魔女)が挙げられることから、それらのワードと掛けて地獄の火=業火(Hellfire)となったと思われます。

車体の形状は先代のガントレットの雰囲気は残しつつも、全体的には18年型のダッジチャレンジャーSRTデーモンのようなワイドな形状で、特にフェンダー周りはSRTデーモンそのものです。その他にはリアバンパーやディフューザー等が第6世代のマスタング(S550)から着想を得ています。

2018 NAIAS 110 2018 NAIAS 112 A day out Shooting

性能

この車の特徴は何と言ってもマッスルカーらしいパワーです。車体性能を加速と最高速に振り切ったとも言えるぐらいに直線なら速い車です。ただし、強大なパワーのお陰でちょっとした操作一つでリアが滑り出してしまうので、上手く走らせるにはそれなりのスキルが必要かもしれません。

マッスルカーらしいといえばらしい一台、滑るなら滑らしてしまったほうがこの車を活かせるのかもしれません。そこに面白みを感じられるなら、お勧めできる車です。

カスタマイズ

先代のガントレットが何も弄られなかったのとは対照的に非常に豊富なカスタマイズが可能となっており、前後のバンパーだけなく、ヘッドライトカバーやリアパネル等、他の車両にはない項目も弄られるようなっています。

ボディペイントも豊富に用意されており、レーシングカーや某映画に出演できそうな車など、様々なスタイルを作られる一台です。価格も70万ドル台と高すぎるわけでもないので、複数台持ちをするのも良いかもしれません。

フロントバンパー7種
リアバンパー2種
マフラー6種
ヘッドライトカバー10種
フード11種
ボディペイント12種
リアパネル7種
ロールゲージ7種
ルーフ2種
スカート3種
スポイラー11種

ギャラリー

ABOUT ME
TOSAMAKI
初めて遊んだPCゲームが「GTA London」という30代半ばのおっさんです。一人暮らしの頃の休日は、ゲームを始めちゃうとご飯も食べずに遊んじゃう駄目人間でした。今でもさほど変わらない状況なのに、嫁さんに怒られることなく今に至っております。
こちらの記事もおススメ