How to

【How to】Telemetry Serverを使ってみた

ETS2_telemetry_01

少し前にTwitterでも呟いた、ETS2 Telemetry Serverを用いたiPadのインパネ。ざっくりと完成までの過程をまとめてみました。

 ETS2 Telemetry Serverって…何?

ETS2 Telemetry Server(以下TS)は、ETS2の自車のインパネの情報(速度やエンジンの回転数、ウインカーや照明の点灯の有無等)をブラウザに表示させているインパネで見られるようにする機能です。

これまで自車のインパネを見るには、インテリア視点(車内視点)でしか確認が出来ませんでした。ただ、車内視点は他の視点よりPCへの負荷が高く、スペックによっては、描画の品質を落とし負荷を下げる必要がありました。実際、前のPCではそのようにしていました。当然、品質を落とすことで、インパネも同様に落ちるので、設定によっては不鮮明で見づらくなったりしていました。

雰囲気作りには最適なツール

TSを介してのインパネの表示は、HTML5.0が表示できれば、PCでもタブレットでもスマホでも良いようです。最初は、PCに接続しているサブモニターを使用、Chromeの全画面表示でインパネを表示させました。すんなりと動いて街中を走り回ってみました。これだけでも以前より、雰囲気が良くなりましたが…一つ気になることがありました。

デカ過ぎるインパネ

メインモニターより、一回りほど小さいサブモニターに表示させているとはいえ、ETS2の画面上に表示されるインパネよりは、遥かに大きく、TSが難なく動いた感動が覚めてくると、嫌でも目に入ってきて、若干目障りになってきました(笑)

そこでサブモニターより小さい画面に、見たいときに見られる程度の大きさの画面に、表示させてみることにしました。ですが、小さいモニターはそれなりのお値段で、TSの為に買うには勿体ないというか無理。残るモニターは、iPhone4と5Sのスマホと埃を被っているiPadぐらい…

あ、丁度いいサイズのモニターがあった!

ということで…iPadに頑張ってもらうことに…

埃を被っていたiPadは、iOS6以上に出来ない初代のものです。数世代前の物で、ネットすら満足に出来ないものでした。ですが、そのせいか、使用頻度があまり高くなかったので、液晶は健在でした。せっかく丁度良いサイズのモニターがあるのだからと、早速試してみました。

まずは、iPadのSafariに、TSのインパネを表示させて、動かしてみました。難なく動きました。動きましたが…予想通り、iPadはスペック不足で、情報の表示は出来ても、速度や回転数等の針や数値がコマ送り、とても使えるような状態ではなく、いきなりこけました…

試しに、iPhone5SのSafariで同様に試してみたら…予想通り、PCのサブモニターに映した時と同じようなスムーズな動き。ちょっと感動しました…でもやっぱり小さい。6 Plusなら良い感じになりそうです。

iPadを単なるサブモニターとしては使えないか?

iPadがスペック不足で、まともに動かないとなると、別の方法を試してみることにしました。それはiPadをiPadとして使うのではなく、小ぶりな液晶モニターとして使えないか?ということでした。調べてみると、iPadをサブモニターとして使うアプリは容易に見つかりました。ですが、大抵のアプリはiOS5で使えなかったり、使えても古いだけにもう販売や公開されていなかったりと、ちょっと雲行きが怪しくなりました…

でも、更に調べていくと…「Twomon USB」というiOS5でも動く、iPadをサブモニターとして使うアプリを見つけました。親機となるPCにも専用のアプリを入れ、USBでiPadとPCを接続、双方のアプリを立ち上げると、iPadには、PCと同じ壁紙が表示されました。これで、iPadは単なる液晶モニターとなり、スペックに関係なくTSのインパネを表示させる事が出来るようになりました。

改めて、TSのインパネをiPadに表示させると、動きに僅かなラグとカクつきはあるものの、以前よりスムーズになりました。iPhone5SやPCのサブモニターの時までとはなりませんでしたが、実用には耐えるものだったので、これでヨシとすることにしました。費用は、iPadにインストールした「Twomon USB」の1,000円のみで、ほぼ理想的なダッシュボードが手に入りました。

約2年前に買ったETS2は、買った当時より使用出来る車両が増えたり、エリアが広がったりと円熟期を迎えようとしていますが、次期に発売されるスカンジナビアDLCもあり、スルメのようにまだまだ遊べるような気がしますね。

ABOUT ME
TOSAMAKI
初めて遊んだPCゲームが「GTA London」という30代半ばのおっさんです。一人暮らしの頃の休日は、ゲームを始めちゃうとご飯も食べずに遊んじゃう駄目人間でした。今でもさほど変わらない状況なのに、嫁さんに怒られることなく今に至っております。
こちらの記事もおススメ