ゲーム

【SPEC OPS:THE LINE】砂嵐のドバイは美しい

STEAMのホリデーセールに出ていたので買ってみました。SPEC OPS THE LINE。前々から気になっていた作品だったのですが、なかなか360版の値段が下がってこないので、PC版で遊んでます。

グラフィック設定をMaxにしても難なく30fpsで遊べているので、快適プレイもできています。

このゲームのあらすじを少し…

舞台は中東ドバイ、砂嵐に襲われたドバイは壊滅状態に。現地で作戦中だったコンラッド大佐率いる33部隊を救出する為に向かったのがデルタフォースのこの面々。

主人公はこの部隊のリーダー、ウォーカー大尉。現地ゲリラ等との交戦を経て、現地に赴くと異常な状態に直面し、更に33部隊と交戦する事態に…この先どうなるのか…

ドバイ=砂漠 というように、他のゲームにはない砂を用いた戦略も重要なゲームです。
上の2枚のSSは、不意打ちを喰らって窮地に陥った一行。
でも良く見ると、敵の頭上にはバスがあり、その中にははち切れんばかりの砂。窓からは少しずつ砂が漏れている様子が見えます。そこで窓を撃ち、破壊をすることで彼らの頭上に大量の砂を落とせます。そうなると敵は一気に壊滅です。

また、もう一つの砂の利用法。
砂を手榴弾などの爆風で巻き上げることで、一時的に煙幕を張り、敵の目を眩ます、その間に敵を仕留める。といった戦略もあります。

PC版でのメリット、国内でリリースする場合でもCEROの審査は通りません。その為、色々な描写のカットを施す必要がない為、言語以外オリジナルで遊ぶことができます。ランチャーで敵兵が木っ端微塵になったり、ヘッドショットで頭部が粉砕しています。基本的に言語以外はオリジナルで遊びたいのが本音です。なので、こういう点はCS機には無い良さがあります。ただし、マルチが集まりにくいのが難点です。

ストーリーを進めていく中で選択を迫られます。
一つ目のSSでは、有益な情報を持つであろう軍人と民間人、どちらしか助けられない。二つ目のSSでは、水を盗んだ犯罪人とその犯罪人の家族を抹殺した軍人、どちらかを処刑しなければならない。
といった具合に主に『正義』とは何を基準にするかを問いかけるものです。まだクリアしていないので、この選択が後にどう影響するのかが楽しみです。

久しぶりにストーリーに引き込まれるゲームに巡り合った気がします。

ABOUT ME
TOSAMAKI
初めて遊んだPCゲームが「GTA London」という30代半ばのおっさんです。一人暮らしの頃の休日は、ゲームを始めちゃうとご飯も食べずに遊んじゃう駄目人間でした。今でもさほど変わらない状況なのに、嫁さんに怒られることなく今に至っております。
こちらの記事もおススメ